【経験談】史上最凶・最悪のヤング・サイコパス女、現る編 ①

2019年9月14日 0 投稿者: Kentaro
どうも、地獄の婚活ブログです。
 
今回から恐らく長編となるであろう、私が現在も継続して被害に遭っている
『ヤング・サイコパス女 (当時27歳)について書いていこうと思います。
Young PSYCHO-PASS女⇛頭文字を取ってY子と呼びます。
 
職場で出会った女性の話です。冒頭でも書きましたが、この話しは現在進行形で続いているので
どの様な結末を迎えるのか現時点で私にもわかりません。
 
2017年夏頃、私のいる職場に彼女が入社をしてきました。
Y子は表情があまりなく、会話をしても「はい、いいえ」で次に会話が続かない。
かと言って別の話しのネタを振ってくるでもない。
入社したてなので極度の人見知りなんだろうな、とはじめは思っていました。
 
そんなY子ですから、隣の席になっても全く話をすることがなく
故郷が一緒ということしか彼女の情報は知りませんでした。
私は職場の仲良くしてくれているオッチャン達を中心に
大勢を巻き込んで多い時は20人くらいで頻繁に飲みに行っていました。
職場で大人数で飲みに行くと一気に距離を縮められますよね。
昭和世代ならではの飲みニケーションってやつです。
 
人見知りと周りに認識されていたY子はほとんど人と話すことがなく
一日の勤務時間を過ごしていました。周りから見ても寂しそうという印象。
地元が一緒と言うこともあり、何回目かの飲み会でY子も誘うことにしました。
ちょうどその頃に判明したのですが、私とY子の地元は同じ町内の出身でした。
しかし、そこで話しが盛り上がることもなかったのです。
なぜなら普段から「おはよう・お疲れ様」くらいしか会話のなかったY子。
話題を振ってもことごとく会話を潰していきます。
極度の人見知りを通り越しコミュニケーション障害なのだろうと思いました。
 
こんなに静かでほとんどしゃべらない子が
まさか史上最悪級のサイコパスなんて当時の私は思いもよりませんでした。
 
そして、そんなY子が隠された本当の正体を現します。
 
次回へ続く・・・